1. TOP
  2. 投資法人について
  3. JLFの特長
  4. 先行者利益

先行者利益

日本初の物流REIT

日本ロジスティクスファンド投資法人(JLF)は、総合商社として100年以上にわたり物流事業に取り組んできた三井物産株式会社の歴史と経験を活用し、経済の血液である物の流れ(物流)とお金の流れ(金融)を繋いで日本経済に貢献することを目的として設立された日本初の「物流REIT」です。2005年5月の上場以来、物流施設の立地・施設仕様・テナントニーズ等を見極め、実需の観点から投資判断を行うことにより中長期的に安定した収益が期待できるポートフォリオを構築してきました。JLFは、オフィスや住宅が主たる投資対象であった日本のREIT市場において、日本初の「物流REIT」として安定した分配金実績を示すことにより投資対象としての物流セクターの安定性を市場に証明してきた業界のパイオニアです。

長い運用実績 ~物流リートの先行者

備考
2005年 日本ロジスティクスファンド投資法人 上場
2007年 産業ファンド投資法人 上場
2012年 GLP投資法人 上場
2013年 日本プロロジスリート投資法人 上場
2016年 ラサールロジポート投資法人 上場
三井不動産ロジスティクスパーク投資法人 上場
2017年 三菱地所物流リート投資法人 上場
2018年 CREロジスティクスファンド投資法人 上場
伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人 上場

日本初の物流リートとして10年を超える運用実績

JLFの先行者利益

優良なポートフォリオ

未開拓のアセットであった物流施設を他社に先駆けて有利な条件で取得しています。

ポートフォリオの含み益率:37.9% (2018年7月31日時点)

* 含み益率 =(鑑定評価額 - 帳簿価額)÷ 帳簿価額 × 100

投資の「目利き力」・運用の「専門性」

JLFは業界のパイオニアとして物流施設投資・運用の実績を積み重ねており、JLFの資産運用会社である三井物産ロジスティクス・パートナーズ株式会社は、良い物件を見極める「目利き力」を持った取得チーム、安定した運用を継続するための「専門性」を持ったリーシング・施設管理チームを有しています。

 

ページTOPへ