1. TOP
  2. ポートフォリオ
  3. M-16 東雲

M-16 東雲

  • 東京都
  • 3万㎡超
  • シングルテナント
所在地 東京都江東区東雲二丁目13番32号
土地面積 30,283.33 m2
総賃貸可能面積 34,415.56 m2
構造/階数 鉄骨鉄筋コンクリート造陸屋根5階建他
建築時期 2006年2月8日
取得日 2009年2月26日
取得価格 11,800百万円
テナント数 1件
主要テナント 佐川急便株式会社
* 不動産信託受益権の準共有持分47%を取得していますが、取得価格以外は本物件全体(100%)について記載しています。

収益の状況

(百万円)

第20期 第21期 第22期 第23期 第24期
不動産賃貸事業収益 353 354 354 354 354
不動産賃貸事業費用 107 76 75 75 75
賃貸NOI 324 325 326 325 325
減価償却費 48 47 46 46 46
固定資産除却損 30 0 -
不動産賃貸事業損益 245 278 279 279 278
CAPEX 34 0 0 0 -
帳簿価額 11,512 11,465 11,419 11,372 11,325
算定価額 14,200 14,400 14,700 14,900 14,600

立地特性

JR東京駅まで約7kmと、首都圏湾岸部の物流拠点として非常に希少性の高い立地です。首都高速湾岸線有明インターチェンジまで約2Km、新木場インターチェンジまで約3Kmの至近にあり、主要幹線道路へのアクセスも良好であることから、首都圏全域を網羅する輸送が可能です。
国内最大規模の消費地である東京23区内に位置していることから、一般消費財や宅配便貨物の保管・配送に適した立地であり、東京港(大井埠頭)や羽田空港をはじめとするゲートウェイへのアクセスも良好であるため、国際物流のニーズも期待されます。周辺環境は、近隣に住居が存在しないため24時間操業が可能であり、通勤利便性の高さから労働力の確保も比較的容易であることから、昨今の物流業務に適した立地条件を全て兼ね備えています。

物件特性

異なる機能を併せ持つ鉄骨鉄筋コンクリート造5階建の複合物流施設であり、1階は宅配貨物を扱う中継センター、3階は宅配便事業の地域営業店、5階はメールセンターとして利用されています。2階及び4階は吹き抜け構造になっており、2階の外縁部には事務所スペースが配置されています。
各階共に10m以上の柱間隔と大型のマテリアルハンドリング機器が導入された広い構内スペースが確保され、ランプウェイを通じて直接トラックが接車できる上、1階及び3階において両面バースが配置されていることから、迅速且つ効率的な仕分けや入出荷が可能となる等、TC型物流センターとして有用なスペックを備えています。

関連プレスリリース

MAP

  • 東雲
  • 東雲

詳細地図 Google Map

ページTOPへ