1. TOP
  2. ポートフォリオ
  3. M-21 柏

M-21 柏

  • 千葉県
  • 1万㎡超3万㎡
  • シングルテナント
所在地 千葉県柏市大青田字667番1他
土地面積 10,942.00 m2
総賃貸可能面積 20,546.46 m2
構造/階数 鉄骨造合金メッキ鋼板ぶき6階建
建築時期 2006年10月31日
取得日 2013年3月1日
取得価格 3,725百万円
テナント数 1件
主要テナント 非開示*
* テナントの承諾が得られなかったため開示していません。

収益の状況

(百万円)

第20期 第21期 第22期 第23期 第24期
不動産賃貸事業収益 非開示* 非開示* 非開示* 非開示* 非開示*
不動産賃貸事業費用 非開示* 非開示* 非開示* 非開示* 非開示*
賃貸NOI 120 119 119 115 67
減価償却費 37 37 37 37 37
固定資産除却損 -
不動産賃貸事業損益 82 82 81 77 30
CAPEX 4 -
帳簿価額 3,587 3,550 3,512 3,479 3,442
算定価額 4,440 4,530 4,620 4,450 4,530
* テナントの承諾が得られなかったため開示していません。

立地特性

本物件の所在する柏エリアは、国内最大の消費地である東京都心部に近接する首都圏内陸部に位置することから一般消費財の首都圏向け保管・配送拠点としてのニーズが高く、近年は大型物流施設が多数竣工しています。
本物件は、首都圏の主要環状線である国道16号と常磐自動車道が交差する柏インターチェンジの至近にあるため交通利便性が非常に優れており、首都圏全域を網羅する配送が可能であるとともに、東北自動車道等を利用して北関東及び東北地方を対象とした広域配送も可能です。
また、本物件の周辺は地区計画により工業系地区に指定されマンション等の建築が禁止されていることから、騒音等の問題が発生することなく24時間操業が可能です。一方、最寄駅のつくばエクスプレス「柏の葉キャンパス」駅及び東武鉄道野田線「江戸川台」駅を中心とした住宅エリアが近いため労働力の確保も容易であり、昨今の物流業務に適した立地条件を兼ね備えています。

物件特性

有効柱間隔約10.0m、有効天井高5.4m以上、基準階床荷重1.5t/㎡(1階は2.5t/㎡)と充分なスペックを備えた汎用性の高い物流施設であるとともに、各階に事務所スペースを設けることで分割利用が容易な構造となっています。
また、両面バースと多数の垂直荷役設備(2基の昇降機と4基の垂直搬送機)の設置により貨物の効率的な入出庫や庫内移動、保管が可能となっており、保管型・流通型いずれのニーズにも対応できるスペックを備えています。
さらに、両面バースの一部が低床式となっていることから、飲料等の重量貨物を扱うテナントのニーズにも対応可能であり、貨物の特性に合わせて幅広いテナントを確保することができる汎用性の高い構造になっています。

関連プレスリリース

MAP

  • 柏
  • 柏

詳細地図 Google Map

ページTOPへ